この動画は関係法令等に基づき、許可を得て撮影しております。




《 理念 》



「禅の里をつくる」


1、文化としての宗教

 どのような世界にも共通することですが、宗教や思想、研究や技術、人類が積み重ね築き上げてきたあらゆる文化は、人から人へと伝えられて来ました。
 日本における文化とは、宗教を根底にすえて環境と一体となったものであり、北陸地域にはこの文化が色濃く反映され残されているといっても過言ではないでしょう。
 永平寺の開山道元禅師は、教えの伝承に環境が大きな役割を果たすことを大切にされて人から人へと教え伝える為に越前志比の地に永平寺を開かれたのであります。
 禅の教えは、茶湯や水墨画、禅画、作庭など日本文化に大きな影響を及ぼしてきました。そこにあるのは調和と融合です。勝ち負けや多寡、事の大小、比較に因る優劣、そして良し悪しを決める価値観を超えた世界であります。
 第二次大戦後、日本は欧米文化を範として、合理主義や損得に代表される相対的な価値観によって社会を構成し物質的な繁栄を為してきました。
 禅の教えは、この対極にあるといえます。
 産業革命以降の人類は、自然さえも制御できるかの勢いで効率と便利さを追求して来ました。しかし、今回人類が遭遇した新型コロナウイルス感染症のパンデミックは、目にも見えぬウイルスに因って営々と築いてきた人間社会の脆弱さを露呈することとなりました。
 いまこそ人類に、調和と融合の道が求められているように思えてなりません。



2、環境をまもる、つくる~こころの観光地をめざして~

 「観光」とは中国の古代語である国の光を観る(易経)から発生したものであります。人類最古の観光の形態は聖地への巡礼の旅であったと考えられています。
 風光明媚な景観に感動することも、威容を誇る建築物や歴史を感じさせる文化財に心躍らせることも観光でありましょう。
 しかし、観光本来の意味に立ち戻り、驕り高ぶりを静め、自己を静かに見つめる機会を持つ事こそ、観光の本来性ではないでしょうか。
 株式会社「輝峰」は、観光の本来性を備えた場を福井に創造することを会社創立の理念に据えています。
 それが「禅の里」づくりです。有から無へ、無から有を、禅の心に触れる時、災害や疫病などの困難によって暗闇に陥ってしまった方々も、光を見出す事となるでしょう。
 越前志比の環境を守り、禅の心に触れようと国内外から福井県に来訪される方々に応えられる場を守り継承してゆかねばなりません。
 皆さまのご賛同とご支援を心よりお願い申し上げます。




《 事業概要 》



事業名称:第二期門前再生事業(永平寺町企業版ふるさと納税活用支援事業)


・永平寺門前では昭和30年代から観光客の増加に合わせて店舗や宿泊施設が整備されてきましたが、家族経営による経営基盤の脆弱性、バブル崩壊以降の観光客のニーズの変化や団体の減少による収入減で、建物の機能更新及びサービス向上や商品開発等の課題が山積していました。これらの課題を受け、アフターコロナの対策や、令和6年3月16日の北陸新幹線福井敦賀間延伸開業による関東地区からの観光客の増加、インバウンドの回復による外国人観光客の増加を見すえて、第一期事業として1600年代の古地図を参考に、福井県による永平寺川の石積み護岸改修、永平寺町による旧参道の石畳化・電線地中化・観光案内所とバス停の整備、大本山永平寺による宿泊施設「親禅の宿柏樹關」(藤田観光経営)の整備を行いました。今回、第二期事業として、企業版ふるさと納税制度を活用したうえで柏樹關対岸に店舗「Hikari Terrace 輝坊」を整備いたします。








文化庁文化芸術振興補助金事業(文化観光拠点施設を中核とした地域における文化観光推進事業)
認定計画名称:大本山永平寺拠点計画
事業名称:禅の里文化観光拠点施設機能強化事業


  • 禅の里文化観光ストーリー造成事業
    禅の里を訪れる観光客が「禅文化」に興味を抱くよう、分かりやすいストーリーを創る。
  • 禅の里コンシェルジェ育成事業 
    「禅文化」について禅の里全体で正しく・分かりやすく伝えられる様、教育プロクラムを開発する。
  • 映像コンテンツ制作及び配信事業
    観光客に「禅文化」を分かりやすく伝えられるような映像コンテンツを制作、配信する。
  • 宿泊施設への映像コンテンツ提供事業
    朝課・参禅・写経と合わせて、宿泊施設で映像コンテンツが視聴できるようなシステムを構築する。
  • 映像コンテンツの多言語化事業
    インバウンド対応のため、映像コンテンツを英語、中国語、韓国語に多言語化する。
  • ICT を活用した永平寺山内の周遊促進事業
    国内外の観光客が永平寺境内の見どころをスマートフォンで閲覧できる動画コンテンツを制作する。






ギャラリー






<「Hikari Terrace 輝坊」新築工事の状況>

5月15日現在(画像更新日)





《 企業版ふるさと納税について 》



<第二期門前再生事業>
◆◆たくさんのご協力をいただき、ありがとうございました◆◆


 令和6年の北陸新幹線金沢敦賀間延伸開業、令和8年の中部縦貫道開通を見すえ、大本山永平寺所有の1600年代の古地図を基に参道の石畳化・石積み護岸、宿泊施設「親禅の宿柏樹關」を整備いたしました。
 日本固有の宗教文化と自然環境が融合した観光拠点の一つとして、永平寺と門前が一体となった佇まいになることを目指しており、今回、第二期事業として門前に新たな店舗等を整備いたします。

 具体的には、永平寺の境内伽藍と調和した伝統的な建物を基本として、新たに整備する「Hikari Terrace 輝坊」には専門店やカフェをテナントとして誘致、景観及び環境に配慮した分かり易い看板・サインを計画しています。




1670年頃の伽藍図(最古)



★門前整備の内容はこちらから!
https://www.town.eiheiji.lg.jp/200/300/314/p011156.html
https://www.town.eiheiji.lg.jp/200/300/303/p011389.html

★令和5年度にご賛同いただき、ご寄附をいただいた企業
https://www.town.eiheiji.lg.jp/200/300/314/p010605.html

★皆様、伝統と自然豊かな永平寺町へ、是非お越しください !
https://www.eiheiji.jp/


<お問合せ> 永平寺町総務課 TEL:0776-61-3941
       (株)輝峰    TEL:0776-63-3456







《 会社概要 》




社 名 株式会社 輝峰(きぼう)
本 社 〒910-1225
福井県吉田郡永平寺町京善 7-12
事務所 〒910-1294
福井県吉田郡永平寺町志比 5-15
電 話 0776-63-3456
FAX 0776-63-3182
メール contact@kibou2128.com

《 入札情報 》



最新の入札情報はこちら